本文へスキップ

国産雑穀の通販サイト こくまん

TEL(平日10:00〜18:00受付)048-471-1870

〒353-0002 埼玉県志木市中宗岡5-17-6

スポンサード リンク


新潟「新之助」(新品種米) 限定販売

新之助



新潟県の本気米!「新之助」
日本一栽培が難しいと言われたコシヒカリをトップブランドへと育て上げた、農家の伝統。
何代にもわたって独自の方法を築きイノベーションを重ね続けた、研究の軌跡。
そんな米どころとしての歴史を誇る新潟が、今、新たに現代の食風景と向き合い、かつてない「米づくり」に挑戦しました。
それは、おいしいお米を最高の状態で食べていただくために、田んぼから食卓まで、しっかりとおいしさを導くということ。
ついに誕生した新潟米「新之助」は、きらめく大粒にコクと甘みが満ちていてごはんの可能性が、無限に広がります。日本の食の未来を切り開くお米です。


大粒の美しい輝きとツヤ
大きな粒が自慢の「新之助」。炊き上がりはさらに美しく、お米がまぶしいほどに輝きます。これは、水をたっぷり吸い込みながら、ほどよい"粘り"をお米の表面まで届けているから。大粒で形の良い、ふっくらツヤツヤのご飯。見た目の美しさとあふれる存在感は、そのまま「新之助」の豊かな味わいに表れているのです。

冷めてもおいしいご飯
「新之助」は、ごはんが冷めてもお米の表面や粒全体が硬くなりにくい特長があります。おにぎりやお弁当はもちろん、電子レンジで温めなおしたご飯でも、お米本来のおいしさをキープ。炊飯後、時間をおいてお米を食べることも多くなっているという、現代の食生活の中でも、おいしさを味わえる、うれしいメリットです。

豊かな甘味とコク、食感が魅力
「新之助」を初めて口にするとき、きっと誰もがまろやかな甘味とコクの深さに心地良い驚きを感じることでしょう。おいしいお米の条件をしっかりと満たしているからこその、豊潤な味わい。上品な粒感と、弾力ある食感も忘れられない余韻に。ふんわりひろがる香り、豊潤な甘みとコク、しっかりとした粘りと弾力を併せ持つ「新之助」は、優しい口あたりで、食卓に笑顔と幸せを運びます。

お米の雑学


購入量、賞味期間、保管場所、炊飯後の保存

ごはんの教え10箇条

お茶碗一杯の栄養

朝ごはんの大切さ

よく噛んで食べることのメリット

お米の話し

お米の単位

1月17日は「おむすびの日」

6月16日は「麦とろの日」





スポンサード リンク






スポンサード リンク


割引サービス

米屋日記



インスタグラム

ショップ情報

有限会社 穀万

〒353-0002
埼玉県志木市中宗岡5-17-6
TEL:048-471-1870
電話受付時間: 10:00-18:00
FAX:048-473-8543
E-mail:
こくまんメールアドレス
定休日:日曜・祝日
実店舗営業時間:9:00~19:00

→ショップ案内