本文へスキップ

国産雑穀の通販サイト こくまん

TEL(平日10:00〜18:00受付)048-471-1870

〒353-0002 埼玉県志木市中宗岡5-17-6

スポンサード リンク


メディア掲載(2005年7月28日)

メディア掲載

地域情報紙「東京新聞ショッパー」〔志木版〕vol.207


雑穀食べて夏バテ知らず普通に炊けて食べやすいと好評

食への関心が高まる中、日本人がかつて常食していた雑穀が健康食として見直されています。創業明治12年の「こくまん」は、雑穀の品ぞろえ豊富な米穀店。今では珍しい豆の量り売りもしています。そろそろ夏の疲れが出てくるころ、雑穀を取り入れて夏バテを解消しませんか。
約40種類の雑穀の品ぞろえに加え、店頭精米、豆の量り売りなど独自の店づくりを展開。2003年には日本米穀小売商業組合連合会(日米連)主催の「第15回優良米穀小売店全国コンクール」で、全国米穀協会会長賞を受賞しました。「日本人の食生活は米と雑穀で支えられてきました。そんな昔ながらの基本食を大切に、健康によいこだわりの商品を提供していきたい」と店主の大熊七五郎さん。その雑穀の中で一番人気は「ふっくら御飯」。
うるち玄米、もち玄米、赤米黒米そば米丸麦押麦はと麦もちあわもちきび高きびひええごま金ごま黒ごま白ごまアマランサスオートミール緑レンズ豆キヌアと20種類の穀物をバランスよく配合。現代日本人に不足しがちな各種ビタミン、ミネラル、鉄分、食物繊維などが含まれています。
300g 1,050円。玄米を中心に11種類の穀物を配合した「十穀米」420g 840円も、食べやすいと好評です。
豆の量り売りは100g単位。11種類用意しています。小豆 100g 90円大豆100円光黒豆200円くらかけ大豆同 100円ひたし豆150円は、ビールのおつまみにもぴったりです。
食べ方や商品選びの相談は気軽に。同店では七五郎さんの2人の息子が米のプロを育成する日米連認定制度「お米マイスター3つ星」を受けるなど、消費者への分かりやすい説明を心掛けています。
米1カップに大さじ1杯の「ふっくら御飯」を入れて炊くだけと簡単。

現在、「十穀米」、「ふっくら御飯」は次のように変更しています。
「ふっくら御飯」→商品名「二十穀米」、雑穀も一部変更して、19種類の穀物入り。
「十穀米」→玄米を中心に11種類の穀物入り。
二十穀米

20種類の穀物をバランス良く配合「二十穀米」

穀物の持っているそれぞれの成分には、現代人に不足しがちな各種ビタミン、ミネラル、鉄分、食物繊維など身体に欠かすことのできない栄養素がたくさん含まれています。 何度も試食を重ねてできた「二十穀米」。上品な味でとても美味しいです。
原材料)餅あわ、餅きび、ひえ、アマランサス、キヌア、丸麦、押麦、赤米、黒米、緑米、もち米、うるち米、もち麦、はと麦、高きび、緑レンズ豆、金ごま、黒ごま、白ごま
原産国)国内、インド、ボリビア、アメリカ、トルコ、ミャンマー、パラグアイ
お買いもの
二十穀米の栄養価






スポンサード リンク






スポンサード リンク


割引サービス

米屋日記

ショップ情報

有限会社 穀万

〒353-0002
埼玉県志木市中宗岡5-17-6
TEL.048-471-1870
FAX.048-473-8543
こくまんメールアドレス
定休日:日曜・祝日
店舗営業時間:9:00~19:00
ネット営業時間:10:00~18:00

→ショップ案内